使い方簡単! 高い効果の小型バイオレゾナンス(波動医学・波動療法)

バイオレゾナンス

  • HOME »
  • バイオレゾナンス

バイオレゾナンス療法の歴史

バイオレゾナンス療法についてご説明する際、ある人物のことなくしてはその成り立ちと歴史を語ることはできません。

 

その人物とは、ロイヤル・レイモンド・ライフ博士(1888-1971)です。

 

ライフ博士は名誉博士号を始め、世界的に偉大な14もの名誉と賞を与えられた優れた医師であり、科学者であり、発明家です。

 

ロイヤル・レイモンド・ライフは、1888年米国ネブラスカで生まれました。ジョンズ・ホプキンス大学で医学の勉強をした後、ハイデルブルグ大学にて細菌学を研究し、後に寄生虫学の名誉博士号を授与されます。

 

当時の倍率が低い顕微鏡に限界を感じていた彼は、独学で光学レンズについての知識を深めていき、その後も病原微生物の研究を推し進めていくためにカリフォルニアへ本拠地を移します。

 

それまでに彼が科学者として研究・構築してきた専門分野は、生化学(Biochemistry)、光学(Optics)、電子工学(Electronics)、放射化学(Radiochemistry)、航空学(Avitation)、飛行力学の化学・自由飛行における物質軌道の分野(Ballistrics)で、それらは現在も応用されています。

 

それら数々の深い知識を基に、彼は自分で機械を設計し、いくつもの発明品を世に出しています。

 

がんを始めとする深刻な病気の原因と、病原微生物との関係を突き詰めようと日々研究を重ねていた彼は、自分自身で顕微鏡を開発することに取り組みます。

 

なぜならば、当時の顕微鏡の倍率は最大でも2500倍で、これでは小さなウィルスを見ることができなかったからです。

 

長年に渡る試行錯誤の結果、彼はウィルスを見ることができる世界初の高性能顕微鏡を完成させました。

 

その後も開発を続け、5682もの細かい部品を組み立てて、倍率が60000倍もの驚異的な顕微鏡が完成します。

 

「ユニバーサル・マイクロスコープ」と命名されたこの顕微鏡により、ライフ博士は生きたままのウィルスを確認した、人類史上初の人物となりました。

ライフ博士は自ら発明した顕微鏡により、それまで人類にとって全く未知の世界であったミクロの世界と微生物の研究に対して、これまで以上に熱心に取り組みます。

 

その研究は、人体に害を及ぼすウィルス、細菌、真菌、寄生虫などの病原微生物(病原体)に重点を置いたもので、私たちが体調不良や様々な病気を引き起こす最大の原因こそが病原微生物によるものであるということを突き止めていきます。

 

そしてとうとう、ライフ博士は医学界を震撼させる世紀の大発見をします。

 

その発見とは、既に当時から「不治の病」として怖れられていたある特定の病気を患っている患者たちを調べたところ、彼らの体内に「ある共通のウィルス」が存在していたという事実です。

 

そこで彼は、このウィルスこそがその病気を引き起こす根本原因なのではないかと考えます。

 

その病とは「がん」であり、発見されたウィルスは「BX Virus(BXウィルス)」と名付けられました。

 

 

がんとBXウィルスの関係性を証明するために、彼にはやらなければならない仕事がありました。

 

それは、がん患者の体内からBXウィルスを生きたまま取り出し、がんに侵されていない健康体に注入して、そこでがん細胞が形成されるかどうかを確認するための研究実験です。

 

その結果、悪性腫瘍が健康体に形成されれば、がんとの関連性を根拠づけることができます。

 

その重要な研究のために、生きたまま取り出したウィルスを研究所の動物たち400種類に注入し、正常な細胞をがん化させるという実験を2万回以上試みました。

その実験結果は、目を見張るものでした。

 

 

実験前にはがんによる腫瘍が全く認められなかった健康な400もの動物全てに、実験後は悪性腫瘍であるがんが確認されたのです。

 

不治の病と言われてきたがんとウィルスの関係が、ライフ博士の地道な研究により証明された瞬間でした。1920年のことです。

 

その功績は、当時の新聞に掲載されています。

「いくら研究のためとは言え、動物たちをがんにするなんて!」と心を痛めた優しい方は、どうぞご安心ください。

 

なぜならば、ライフ博士はがんの隠れた原因であったウィルスを根こそぎ駆除し、がん細胞と腫瘍を消滅させる治療方法を発明し、完成させたからです。

 

それこそが、人体に痛みも害も副作用もない療法、周りの細胞を一切傷つけることなく、有害な病原微生物だけを完全に消滅させ健康を取り戻す療法、バイオレゾナンスセラピーの原点です。

 

治療法については、後ほど詳しくご説明します。

 

さて、話はライフ博士に戻ります。

 

彼の研究によるがんウィルスの発見は、アメリカの医学界にとって衝撃的なものでした。

 

不治の病と言われたがんの、隠れた(これまで目に見えなかったミクロの)根本原因を突き止めたことへの成功実績により、ライフ博士を称える盛大な祝賀会が1931年11月、当時のアメリカ医学会で他の医師たちからの信頼が厚かったミルバンク・ジョンソン医学博士によって開かれました。

 

『全ての病は終わりを迎える』と銘打たれたこの祝賀会には、医学会の名立たるメンバーたちが集い、名誉と信頼のおける研究者だけが与えられる賞と栄誉がライフ博士に授けられました。

 

こちらが、その祝賀会の様子です。 医学会の権威ある医師たちが皆、正装をして集まっています。

末期がん患者の治療に成功する

その後も、ライフ博士の意欲的な研究開発は続きます。

 

1934年、南カリフォルニア大学がスポンサーとなり、ライフ博士の元で大掛かりなメディカル・リサーチが行われました。その内容とは、余命短い末期がんの患者16名を、パサデナ州立大学病院からサンディエゴにあるライフ博士の元へ移し、治療を行うというものでした。

 

これら16名の患者たちの症状に対して、医師や病理学者たちが下していた診断結果とは、「もしも生きながらえることができたとしても、余命は90日以内」という絶望的なものでした。

 

余命90日足らずの末期がんの患者たちはサンディエゴへと移され、ライフ博士による治療が直ちに開始されます。

治療開始から90日が過ぎた時点で報告された内容は、驚くべきものでした。

『治療の結果報告より』

 

After 90 days treatments, the Committee concluded that 14 of these patients had been completely cured.

(治療開始から90日後、治療を公平に見届ける役割である委員会により、16名の患者の内14名が完治したとの結論が出された)

 

The treatments was then adjusted and remaining 2 patients were cured within the following 4 weeks.

(残り2名のために治療を調整した結果、その2名もその後4週間以内で完治した)

 

After 130 days, every patients in the study had recovered without any side effects.

(治療開始日から130日後、全ての患者は副作用を感じることのないまま回復をしていたことが
判明した)

 

という素晴らしい結果でした。

そのメディカル・リサーチに関する記事が掲載された、当時の新聞です。

​この治療に使用したものは、博士が開発した治療機を動かすための少量の電力のみで、薬類は一切使っていません。

ライフ博士の治療機は、周りの細胞を一切傷つけることなく、痛みも不快感も伴わず、副作用もなく、安全にがんを完治させました。

 

今から90年も前に、患者に負担を与えることなく末期がんを完治させる治療法を確立していたのです。
命懸けで受けなければならない現在のがん治療とは、正反対の治療と言えます。

 

 

その後も、ライフ博士のライフワークである精力的な研究は続き、あらゆる健康問題の隠れた根本原因である病原微生物が持つそれぞれの微細な振動数(周波数)を測定し、それらを「共鳴の原理」で根こそぎ安全に死滅させることで、人体が本来持ち備えている正常な機能と健康的な心身システムを取り戻す方法を確立させていきます。

 

その方法こそが、バイオレゾナンスセラピー(波動医学、波動療法)なのです。

レゾナンスと、バイオレゾナンス(レゾナンスの原理)

皆さんは、オペラ歌手が高い音域で発生をすると、同じ部屋の中にあるワイングラスが割れて粉々になるという現象を見たことがありますか? これが、レゾナンス(共鳴)の原理です。

中学校の授業で教わることですが、この世の全てのものは常に振動していて、個々それぞれが独自の振動(波動、周波数)を持っています。

 

●「振動」とは、活動しているエネルギーのことであり、その振動数を数値で表わしたものが、周波数(Hz ヘルツ)です。

 

 

では、なぜワイングラスが割れるのかと言うと、

1)静止しているように見えるワイングラス自体も、実際は独自の振動数(周波数)を持っています。
2)音には振動(周波数)の幅があり、オペラ歌手が発する声も高低により周波数が変わってきます。
3)ワイングラスが持つ周波数と、オペラ歌手の声の周波数が「一致」した時、
4)グラスは声の振動を受け「共鳴」し、同じ周波数を吸収し始めます。
5)吸収していくにつれて振動の活動エネルギーは増幅していき、グラス自体も大きく振動し始めます。
6)振動が最大となりグラスが耐え切れなくなった結果、「破裂・割れる」という現象が起きるのです。

下の動画は、音が発する周波数によりグラスが割れる現象(レゾナンス・共鳴)を捉えたものです。
ご覧ください。  (4分12秒)

では、ここからが本題です。

 

微生物の中には、ウィルスを始め、バクテリア、カビ・真菌類、寄生虫など、人体に有害なものがたくさんあり、それらは「病原体・病原微生物」と呼ばれています。

 

「病原」とは「病気の原因」のことであり、「病原体」とは、そのもととなっている微生物のことです。
これらの病原体こそが、原因不明の体調不良や慢性疾患の原因になっているという研究結果が、世界中で数多く報告されています。

 

 

どの病原体が体内に潜み、不快な体調不良や病気を引き起こしているか、その根本原因を突き止めて完全に消滅させない限り、対症療法(西洋医学が行う治療や投薬など)で一時的に症状を抑え込んだとしても、それは完治ではなく、何度も再発を繰り返しながら慢性化してしまいます。

 

体内に潜む有害な病原体をバイオレゾナンステストにより検出し、バイオレゾナンスメソッドを用いそれらを駆除することで、私たちが本来持ち備えていた心身の正常なバランスと健康的な内臓機能を取り戻す。
これが、バイオレゾナンスセラピーです。

Q:  では、どのように体内に蔓延(はびこ)る病原体を消滅させるのか?

A:  それは、ワイングラスと全く同じ原理です。

先に述べたように、この世に存在する全てのものは振動しており、個々それぞれの振動数を持っています。
それは、病原体を含む微生物も同じです。

例えば、人体に悪影響を及ぼしている「あるウィルス」の存在があったとしましょう。 そのウィルスは、独自の活動エネルギー=振動数=周波数を持っています。

 

① そのウィルスが持つ周波数を測定し、同じ周波数をウィルスに直接送ります。
② 先ほどのワイングラスと同様に、ウィルスはその周波数と共鳴し始めます。
③ 共鳴と共に周波数を吸収し、ウィルスの振動は大きくなっていきます。
④ 振動は増幅していき、ウィルス自体が振動に耐えられなくなった時点で破裂し、死滅します。

 

副作用を生じさせるような化学薬品を使うわけではなく、振動という『自然界のエネルギー』を活用する方法ですので、この上なく安全で安心です。

 

 

データエリスの小型製品「データアップ」は、「124種類のウィルス、91種類の細菌、61種類のカビ・真菌、33種類の回虫・線虫、31種類の寄生虫・原生動物」を同じ原理で根こそぎ死滅することができる、大変優れたバイオレゾナンス機種です。

 

体内で死滅した後の病原体の死骸は、「データアップ」に予め入力されている「デトックス」のプログラムを使うことで、体内に溜まっている老廃物や疲労物質、毒素といっしょに体外へ排出されます。

下の映像は、蠢(うごめ)いている寄生虫が、周波数を吸収しながら破裂し、死滅していく瞬間をとらえたものです。 ご覧ください。 (32秒)

次の映像は、データエリスが開発したポケットサイズのバイオレゾナンスセラピー機器「データ・アップ」が、実際に寄生虫を死滅させていく様子を捉えたものです。
百聞は一見に如かず、ご覧ください。 (1分2秒)

このように音を立てることなく、人体が完治できない微細な振動を使い、空気や食物などを通して体内に侵入し増え続けている病気の原因である病原微生物を、確実に死滅させていきます。

 

ライフ博士の治療もこのような原理を基に、BXウィルスを駆除していきました。

 

 

ではなぜ、このような素晴らしい治療法がこれまで世に出なかったのでしょうか?

 

そこには人間の欲、エゴ、利権などが絡んだ、黒くて悲しい歴史がありました。

抹消された、人類を救う治療法

ライフ博士によるがん治療の功績を称えた、医学会メンバーによる祝賀会から5年後の1939年。

 

主催者であったミルバンク・ジョンソン医師を始め、祝賀会に出席した医師たち一人残らず全員が、「ライフ博士には一度も会ったことがない」と口を揃えて言い出しました。
突然、出席者全員が偽証をしてまで手のひらを返した背景には、医学会の闇が深く絡んでいたのです。

 

ライフ博士が行った末期がん患者の治療は、振動を生み出すために少量の電力を使いますが、それ以外のコストはかからず、薬も必要としません。
そうなると製薬会社は必要なく、ましてや症状を診て薬を処方する役割である医者さえも必要がなくなってしまいます。

 

そしてとうとう、最悪の事件が起きるのです。

1934年のメディカル・リサーチ『ライフ博士による、16人の末期がん患者の治療完治レポート』を発表するための記者会見を間近に控えたある日、ニュージャージーにある博士の研究所に放火魔が日を放ち、レポートを含め保管されていた重要なデータや研究内容が焼き尽くされました。

 

その記者会見の立会人として出席するはずであったジョンソン医師は、「(持っていたはずの)ライフ博士によるリサーチの報告書を、全て紛失してしまった」と偽りの報告をします。

 

続いて、博士が発明した治療器の買収に失敗したモリス・フィッシュベンという男が、その腹いせに博士が所有する全ての研究所を破壊し、焼き尽くしました。

 

 

フィッシュベンは、アメリカ医師会の株式を全て所有していた医師で、ライフ博士の治療法の独占権を自分に渡すよう弁護士を通して要求しましたが、ライフ博士から断られていました。

 

フィッシュベンは以前にも、薬草によるがん治療を開発したハリー・ホークシー博士に対して圧力をかけ、強力な政治的な影響力を使って、1年4カ月の間に125回にも渡りホークシー博士を逮捕させたことがあります。

 

ライフ博士の全ての研究所が破壊されてから間もなく、ネムス医師の自宅でも不審火が起きて家が全焼し、ネムス医師は焼死してしまいます。ネムス医師とは、ライフ博士の研究資料のコピーを持っていた唯一の人物でした。

 

アメリカ医学協会の会長でもあったフィッシュべンは、権力とお金への欲にまみれた医師とは名ばかりの人物で、人生で一度も患者を診たことがありませんでした。

 

彼が君臨していたアメリカ医師会、医学協会がいかなる手段を使ってでも闇に葬りたかったもの。
それは、「費用がかからず、副作用も苦痛もなく、末期がんを数カ月で完治させてしまう治療法」でした。

 

その後もライフ博士の周りでは不審な事件が続き、嫌がらせや妨害は止まず、博士はとうとう研究を止めざるを得なくなってしまいます。

一方、フィッシュベンに寝返った医師たちには膨大な資金援助やアメリカ医師会から最高栄誉の地位を与えられました。
医学雑誌は、製薬会社からの資金で出版されており、ライフ博士の治療法についての掲載を強く禁じられています。
医学界と製薬会社が決めた内容を覚え、何の疑問も持たずに対症療法を学んだ者たちが医者になるシステムが出来上がっていました。

ある時期には、18万種類近いがん治療薬なるものが医薬品として認可検査を受けた程です。その中には、たった0.17%でも変化が見られただけのものでもがん治療薬として認可されたものがあります。致死率が14~17%あったものでさえ、医薬品として認可されたこともありました。


人類を救うために寝る暇も惜しんで捧げた研究、発明した顕微鏡や治療機の数々、人生までも粉々に破壊されてしまったライフ博士の残りの人生は、精神安定剤とアルコールにどっぷりと浸かってしまいます。

治せる病で死にゆく人、高い治療費を払わされる人、自分の利益だけを考える医者たちが蔓延る世の中。1905年のアメリカでは24人に一人だったがんの発症率が、博士が亡くなる1971年には3人に一人の割合まで急増していった様子を遠くから眺めるしかなかったライフ博士の心痛は、計り知れないものです。

これが、末期がんさえも完治させた治療法が抹消され、世に出なかった理由です。

データエリスの使命

では、なぜライフ博士について皆様にご紹介したかというと、それは我々データエリスがライフ博士の残してくれた足跡を辿り、その研究に長い年月を費やした結果、再び健康を取り戻すためのバイオレゾナンスセラピー機器の開発に成功を収めてきたからです。

データエリスの本社では、ライフ博士の意志を継いだ医師、科学者、研究者たちが長年研究開発に取り組んできました。
その中には、多くの特許を得るにあたった世界的にも重要な発見もあります。

ライフ博士の意志を継ぎ、我々はより広い治療領域へと発展させてきました。そして今も新しい製品の開発を続けています。


全ての製品は、自然界のエネルギー(微細な振動、波動、周波数)を使い、私たちの心身を正常な状態へ回復させるために働きかけます。

体に負担を与えることなく、痛みも副作用もなく、生命を脅かすことなく安全で、しかも効果的な方法により、私たちが本体持ち備えている健康的な生命力を取り戻せる方法がこの世にあること。
それらが辛い状態から抜け出すための助けになるであろうことを、少しでも多くの皆様にご紹介することが、データエリスの使命です。


これまで当たり前と思っていた西洋医学における治療法について、果たしてそれが本当に良いのかどうかを、考え直さなければならない時期はすでにやって来ています。

私たち人間は、食物などで取り入れたエネルギーで生命活動を行う、エネルギー体です。
エネルギー体である私たちの心身に起きる体調不良を改善するものは、エネルギーであるはずです。
悪い箇所を切って捨てる手術や、化学薬品を混ぜ合わせて作られた薬、放射性物質などではないと、データエリスは考えます。

レゾナンスと、バイオレゾナンス(バイオレゾナンスの原理)

「レゾナンスの原理」でご説明しましたが、この世に存在するすべてのものは振動しています。
それは、私たち人間も同じです。

 

振動とは、活動しているエネルギー = 生命エネルギー = 生命力です。

 

精神的な振動数の高い人は生き生きとしており、不安感や気分の落ち込み、怒り、うつっぽい症状を感じている人は、健康的な状態よりも振動数が低くなっています。

 

それは精神面だけでなく、身体面も同じです。

 

例えば、胃に不快感、膨満感、消化不良、胃痛などが起きている場合には、胃が本来持ち備えている健康的に機能するための振動数が低下している状態と言えます。

このように私たちの内臓、器官、組織、細胞の一つ一つも、健康的に機能するための振動数(周波数)をそれぞれ持っていて、周波数が正常値から異常値へと変化していくにつれ、健康バランスが崩れ、機能低下や機能不全を引き起こし、急性疾患や慢性的な症状を引き起こしていくこととなります。
また、がん細胞が増えやすい体内環境へと変わっていってしまいます。

内臓と病気の周波数をいくつか挙げてみます。

◆健康的な内臓の周波数

– 脳の周波数の範囲: 72 – 90 MHz(一般的な脳 72 MHz から、天才的な脳 90 MHz まで)
– 人体の周波数: 62 – 78 MHz(首から下 62 – 68 MHz、首から上 72 – 78 MHz)
– 心臓: 67 -70 MHz 
– 肺: 58 – 65 MHz 
– 甲状腺と副甲状腺: 62 – 68 MHz 
– 肝臓: 55 – 65 MHz 
– 膵臓: 60 – 80 MHz 

 

◆ 病気と病原体の周波数

– 病気や発病時: 58 MHz 
– 風邪やインフルエンザの発病時: 57 – 60 MHz 
– カンジダ菌の感染時: 55 MHz 
– エプスタインバー・ウィルス(EB) 感染時: 52 MHz 
– がんの発症: 42 MHz 
– 肉体的死の始まり: 25 MHz 

バイオレゾナンスとは、「バイオ=生物学の、レゾナンス=共鳴」と言う意味で、機能低下や機能不全を起こしている臓器に対して、正常で健康的な周波数を送り、そのエネルギーを吸収させることによって正常化を促進していく、副作用のない安全な療法です。


データエリスが自信を持ってお届けする「ポケットサイズのバイオレゾナンスセラピー機器」の操作はとても簡単で、お子様からご高齢の方まで安心してお使い頂けます。
音を立てず静かに働きかけるので、いつでもどこでもポケットに入れて健康管理を行うことができます。

毎日使うことによって、「原因療法」と「予防医学」の両面において働きかける優れものです。

私たち人間は本来、自然界の生き物であり、自然界の一部です。 自然界は、化学物質で構成されているのではなく、エネルギーでできています。

 

自然界の一部である私たちの心と体の健康を取り戻し、正常なバランスへと整えるものは、化学薬品を合成して作られたような薬ではなく、エネルギーであると私たちは考えます。

データエリスのバイオレゾナンス機器は、データアップで体内環境を整えながら、データリズムで機能の正常化を行います。
毎日簡単にできるメンテナンスで、急性・慢性症状になりうる原因を改善しながら、心と体の病気を予防します。

一度病気を発症してこじらせてしまうと、完治させるまでに長い時間がかかってしまう場合があります。
またその際、高額な治療費、薬代、通院費も必要になります。

大切な時間とお金を無駄にしないためにも、予防医学はとても大切です。


お子様からご高齢の方、家族の一員であるペットまで、簡単にお使い頂けるデータエリスのバイオレゾナンス小型機器。(ペットは哺乳類全般にお使い頂けます)

健康問題の改善だけでなく、未病の状態からお使い頂くことで、深刻な病気を寄せ付けない体質を維持することができます。

バイオレゾナンスと、世界の医療現場での活躍

バイオレゾナンスセラピーは、1977年にドイツで確立されました。

日本ではまだあまり知られていませんが、世界の6か国では国に認可された正式な治療法で、医療の現場において様々な健康問題を改善するために活躍しています。

効果が高い上、体に対する負担や副作用を生じさせることなく安全に働きかけることから、化学治療や外科手術に対して抵抗を感じられている方々から大きな支持を得ていることでも知られています。


がんの治療にも用いられ改善した症例もあり、「免疫力の強化」など効果的なプログラムを揃えています。
とは言え、ここではがんの完治を100% 全ての皆様にお約束することはできません。
なぜならば効果には個人差があり、お一人お一人の生活環境、体内環境、遺伝的要素、体質と症状などが異なるからです。

がんに関するプログラムをご希望の方は、製品ご購入時にコンサルテーション&カスタマイズをお申し込ください。ご希望に沿ったかたちでプログラムをお選び致します。

ではこのページの最後に、興味深い話をご紹介します。
ロシアで生まれたデータエリスがバイオレゾナンス療法において、世界の最先端を走り続けてきた理由についてです。

その大きな理由の一つは、ロシアがソビエト連邦だった時代のアメリカとの冷戦が深く関わっています。
当時のソ連とアメリカは、宇宙開発に取り組み競い合っていました。「宇宙開発競争」と言われたものです。

宇宙飛行士は、一度地球を離れると長い期間戻ってくることができません。しかし、どれだけ訓練を受けていても、慣れない宇宙空間で体調を崩すこともあります。

医師が同行できない環境において、宇宙飛行士たちが自分たちで健康管理を行いながら、体調不良を感じた時には直ちに症状を改善することができる治療器の開発に長年取り組んできました。

その結果、人体に害のない安全なエネルギーを使い、健康状態を正常化する治療機が完成しました。
データエリスが誇る、バイオレゾナンスセラピー機器の誕生です。

始めは大きな機械でしたが、絶え間ない研究開発の末にポケットサイズまで小型化することに成功し、現在では「どなたでも簡単にお使い頂ける」製品を、皆様のお手元へお届けできるまでに至りました。

データエリスのバイオレゾナンス製品は、24時間どこへでもついて来てくれる、頼りになるホームドクターです。

PAGETOP
Copyright © データエリスJAPAN All Rights Reserved.